早期発見によって治癒の可能性があるがんです。集団検診による早期発見が進んだおかげで、死亡率は減少しつつあります。

女性の性器にできる代表的な癌(がん)が、「子宮がん」です。

女性の性器にできる代表的な癌(がん)が、「子宮がん」です。

早期発見によって治癒の可能性があるがんです。集団検診による早期発見が進んだおかげで、死亡率は減少しつつあります。しかし、それでもなお死亡者は4000人近いと言われています。
子宮がんには2種類あります:「子宮頸癌(しきゅうけいがん)」と「子宮体癌(しきゅうたいがん)」です。ともに初期症状に「不正出血」が見られます。出血があったら、万一を考え、一刻も早く医師の診断を受けることが大切です。
初めは、それぞれ「子宮頚部(しきゅうけいぶ)」、「子宮体部(しきゅうたいぶ)」にできたがんが、そのまま放置しておくと、膣(ちつ)、骨盤(こつばん)へと入り込み、骨盤内にある多数のリンパ節や、そのほかのリンパ節から全員に転移してしまうのです。

子宮がんは、なおるがんです。しかも、がんが発見されたのが、初めての妊娠によって医師の診断を受けたときだった、ということが決して少なくありません。そのときの精神的ショックがどれほど大きいかは、想像を絶するものがあります。病気のご本人にしかわからない複雑な思いもあることでしょう。
手術の不安や命の不安はもちろんですが、子宮がんの場合、たとえがんは手術で取り除かれたとしても、同時に子宮を失ってしまうことへの恐怖、術後のご主人やパートナーとの性生活、など、女性のがん特有の不安や恐怖がつきまといます。
女性のがんではありますが、女性だけでなくご主人(パートナー)、ご家族全員で受け止める必要があります。

スポンサードリンク

がんに負けない食事療法