ぶりの照り焼き -2




【作り方】
1.たれの材料を合わせ、その1/3量をバットに入れて半月に切ったゆずも加えてぶりを入れて全体にからめ、10分ほど漬けます。
2.フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、1.のぶりの汁気を拭いて入れ中火で焼きます。
 下の面に焦げ目が付いたら裏返し、そのタイミングで3〜4cm長さに切った長ネギも加えて転がしながら焼き目をつけます。
 ぶりの切り身が厚い場合は、裏返してから少し火を弱めると、焦げ付きを防ぐことができます。
3.ぶりの両面をこんがりと焼き、脂が出てきたらペーパータオルで拭き取ります。
 ぶりに火が通ったら1.の残りのたれを加えてフライパンを揺すりながらぶりにからめます。
4.たれにつやととろみが出てきたら、器にぶりを盛りつけ、ねぎを添えてたれをかけます。
 火の通った魚は崩れやすいので、皿に盛り付けるときなどは菜箸でつかむのではなく、木べらやフライ返しを添えると崩れにくいです。

トップページ

(C) 2014 本格 男の料理