筑前煮 -2




【作り方】
1.にんじんは皮をむいて乱切り、ごぼうは水を流しながらたわしで洗って5mm厚さの斜め切りにして水にさらします。
 れんこんは皮をむいて乱切りにし、酢水に5分ほどつけておきます。
 干しいたけは1カップの水で戻し、軸を切り大きいものは半分に切ります。(戻し汁は捨てないでください)
 たけのこは先端の4cmほどはくし形に切り、下の方はいちょう形に切ります。
 里芋は皮をむいて半分に切り、塩もみした後、水洗いします。
 こんにゃくは下茹でしたあと、手でちぎるか手綱こんにゃくにします。
 鶏肉は余分な脂肪を取り除き、一口大のそぎ切りにして塩少々を振っておきます。
2.鍋にサラダ油を熱し、中火にして鶏肉を皮目から入れて焼きます。
 余分な脂が出てきたら、ペーパータオルで拭き取ります。
 皮目が焼けたら、1.の野菜とこんにゃくを入れて炒めます。
 野菜の表面に炒めて火を通すことで煮崩れしにくくなります。
3.全体に油が回ったら、干しいたけの戻し汁とだし汁を合わせたものを加え、煮立ったら丁寧にアクを取り除きます。
 酒、砂糖、しょうゆの順に調味料を加え、落し蓋をして弱めの中火で20分ほど煮ます。
4.絹さやは筋取りをして塩茹でにしておきます。
 3.の煮汁が1/3量くらいになったらみりんを加えて全体に混ぜ、強火にして照りを出します。
 器に盛ってから色よく絹さやを添えます。

トップページ

(C) 2014 本格 男の料理