あつあつトンカツ -2




【作り方】
1.ロース肉には赤身と脂身の間に筋があり、加熱するとこの部分が縮んでしまいます。
 そのため包丁でこの筋を数箇所切り、縮みを防ぎます。
 さらに塩コショウを振って下味をつけます。
2.下味をつけた肉に、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけていきます。
 小麦粉はビニール袋に入れて、その中に肉を入れてまぶしつけるとむらなく小麦粉をつけることができます。
 溶き卵にくぐらせパン粉をつけたら手で軽く押さえます。
 その後ラップをかけて冷蔵庫でしばらく休ませると、パン粉が落ち着いて扱いやすくなります。
3.揚げ油を170〜175℃に熱し、2.を入れて途中ひっくり返しながらこんがりと色よく揚げます。
 揚げている途中に、はずれて浮いてきたパン粉を丁寧にすくうと、焦げたパン粉がカツにつくことを防げます。
4.よく油を切ったカツを食べやすく切り分け、千切りキャベツとともに器に盛り付けます。
 カツの油切りは、立てて置くとよく切れます。

トップページ

(C) 2014 本格 男の料理