野菜の下ごしらえ -2




●ごぼう
 ごぼうは包丁やピーラーなどで皮をむく必要はありません。
 水を流しながら土をたわしで擦り取ると、皮も一緒に擦り取られます。
 またはまな板にごぼうを置いて水を流しながら包丁の背側でこすってもよいでしょう。
 皮を厚くむくと、ごぼうの香りが飛んでしまいますし、なによりもともと細いごぼうの身がなくなってしまいますよ。
●大根・にんじん・きゅうりなど
 ピーラーを使うと薄く、無駄なく皮をむくことができます。
 無農薬野菜でしたら栄養面を考慮して皮ごと調理する場合もありますが、農薬の心配があればうすくむいておけば安心です。
 大根をおでんやふろふき大根にする場合は、輪切りにしてから包丁を使ってぐるりと厚めに皮をむきます。
●じゃが芋
 皮はピーラーか包丁でむき、くぼんだ芽の部分は包丁の角(刃元)でえぐり取るかピーラーに付いている芽取り部分で取り除きます。
 じゃが芋の芽には有害な成分が含まれますので、きちんと取り除いてください。
●さや類
 絹さややスナップえんどうは、へたの反対側を少し折ってへた側にスッと引き、へたと一緒にもう一方の筋も引っ張って取り除きます。
●ピーマン
 まず縦半分に切ってから中の種を下から上へつまみ取り、ついでにヘタも一緒に取り除きます。

ここで野菜を長持ちさせる保存方法をご紹介。
レタスやキャベツ、ほうれん草やブロッコリーなど葉野菜は室温が高いとすぐに鮮度が落ちるので、水分の蒸発を防ぐために湿らせたペーパータオルで包んでからポリ袋に入れて冷蔵庫に入れます。
なすは冷えすぎると色も悪くなり味も落ちてしまうので、新聞紙で包んで冷えすぎを防いだ上で野菜室に保存してください。

トップページ

(C) 2014 本格 男の料理