調理道具について -2




●包丁
 1本目は18cm〜20cmの万能タイプの鎌形包丁を。
 刃の手入れをしていつも切れ味を保っていれば、肉だけでなく野菜を刻んだり魚をおろしたりすることも可能です。
 2本目には小さい細身型を揃えると、じゃが芋の面取りや飾り切りに便利です。
●フライパン
 2人分以上のおかずを作るときに最も使い勝手がよいものが直径26cmのもので、一人分や少量のおかずを作る際には直径18cmのミニフライパンがよいでしょう。
 焦げ付きにくいフッ素樹脂加工(テフロン加工)のものが便利です。
 また欧米製のフライパンには側面の立ち上がりが急なものが多いですが、炒め物やチャーハンのようにあおりながら調理するものには角度がなだらかなフライパンの方が向いています。
 フライパンにぴったりなサイズのふたがあると、炒め煮や蒸し料理にも使えるので便利です。
●鍋
 シチューや煮物を作ったり、野菜を茹でたりするときなどには内容量が3リットルほどある深鍋が必要です。
 両手鍋なら重くなっても持ちやすいです。
 またアルミ製のゆきひら鍋は、軽くて片手でさっと使え火の回りの早いので何かと使いやすい鍋です。
●ボウル
 少人数分の調理でも、ボウルは耐熱ガラス製で大小2つ揃えておくと便利です。
 ボウルのサイズに合わせてザルも用意しておきましょう。
 ボウルの縁にかけられるツメがついているものを選びましょう。
●木べら
 炒めたりソースを混ぜたり焼き物をひっくり返すなど出番が多いです。
 金属製のへらはテフロン加工のフライパンを傷めますので、ぜひ木製を用意したいところです。
 白木製は色が染み込みやすいので、竹製がよいです。
●菜箸
 長さ25cm〜32cmのものを選び、買ったときについているひも(2本の箸をつなげているひも)は外して使います。

その他、調理をスピーディーに、より安全に行なうためにあると便利なものは、皮むきピーラー、キッチンばさみ、味噌漉しなどです。

トップページ

(C) 2014 本格 男の料理