育毛剤の種類

育毛剤の種類には、医薬品、医薬部外品、化粧品にそれぞれ該当しているものがあります。
街頭の広告やテレビのコマーシャル、あらゆる宣伝媒体において、医薬品、医薬部外品という文字が目に入ったり言葉を耳にしたりしたことがあるかと思います。

スポンサードリンク

医薬品という名前のついている育毛剤は、その文字が示す通りで、抜け毛に関する医療の現場や治療で使用される目的のものです。
従って、もちろん薬の類に入るので副作用が出る恐れがあることも忘れてはいけません。
また、医薬部外品の育毛剤は、その医薬品に順じた形になります。
作用としては、医薬品と比べてより穏やかです。
医薬部外品は、副作用は全然生じないと断言はできませんが、ほぼその可能性はゼロと考えてもよいものです。

スポンサードリンク

ここで、それぞれの種類の作用する範囲を覚えておきましょう。
医薬品は、頭皮での痒みやフケを抑えます。
養毛、薄毛、抜け毛などを予防し、びまん性脱毛症、脂漏性皮膚炎、円形脱毛症などに効果があります。
医薬部外品も、頭皮での痒みやフケを抑えます。
養毛、薄毛、抜け毛などを予防します。
化粧品は、髪の毛、頭皮を元気にし、痒みやフケを抑えます。

このように見てくると、一番効能や効果として期待ができそうなものは医薬品です。
しかし、商品化するという場合には、医薬品よりも医薬部外品の方がずっと早く実現できることもあり、一般的に比べることができないのも事実です。
といっても、医薬品などの表示に頼るより、自分の頭皮や抜け毛の状態などに本当に合っているのかどうかで育毛剤を選ぶことが望ましいと言えると思います。

スポンサードリンク




さあ!始めよう貴女を素敵にダイエット



この記事のタグ

▲このページのトップへ