AGAの遺伝

抜け毛が多くなったと感じた時、家系を振り返ってみて、つい溜め息をついてしまうこともあるでしょう。

スポンサードリンク

AGA(男性型脱毛症)は家系から遺伝しているという話は有名ですが、実は科学的にも証明されている事実です。
AGAについては様々な研究が行われてきていますが、1916年に実際の家計調査を元にしたオズボーンの研究が一番初めだと言われています。

AGAの遺伝は1.両親が二人とも薄毛、2.父親が薄毛で母親の祖父母も薄毛、3.両親は二人とも薄毛ではないが、両親の祖父母が薄毛、の順番で確率が高くなっています。
しかし、遺伝と言っても兄弟で見た場合、遺伝する場合と遺伝しない場合があります。
このようなことからも、AGAの原因を絞り込むことは難しく、抜け毛の遺伝もかなり複雑なようです。

スポンサードリンク

しかも、AGAは遺伝だけが原因ではありません。
とある一説では、遺伝が原因としてAGAに関係している割合は、1/4程だと言われています。

AGAについて悩んでいても、家系的なものだから遺伝してもしょうがないと思う方もいるでしょうが、決してそんなことはありません。
また、今は大丈夫な毛髪もいつかは抜け落ちてしまうと不安に思うこともナンセンスです。
それでももし、将来に向けてAGAに関しての悩みが尽きないようであれば、抜け毛についての正確な知識を、なるべく豊富に身に付けた方が良いでしょう。

AGAは、抜け毛の進むパターンも遺伝します。
例を挙げると、父親の抜け毛の部分が前頭部であれば、その子供の抜け毛も前頭部から始まりやすいということです。

スポンサードリンク




さあ!始めよう貴女を素敵にダイエット



この記事のタグ

▲このページのトップへ