抜毛癖

人間の様々な癖の中に、自分で自分の毛髪を抜くという、抜毛癖、またはトリコチロマニアという特殊な癖が存在します。
しかし正確には、自分自身で髪の毛を抜いているので、脱毛症とは言いがたい症状のようです。

スポンサードリンク

以前までは、抜毛癖が多かったのは小学生くらいの女の子でした。
しかし、最近では若い成人の女性の間にも急激に抜毛癖が増えてきているそうです。
ほとんどの場合、無意識のうちにしてしまっていることが多いようで、心理的、精神的ストレスによるものであると考えられています。
つまりは、ストレスの発散方法に、毛髪を抜くという手段を選んでしまっているということです。

成人の方では、抜毛癖があることを自覚している場合もあるようですが、まだ子供のうちは、自覚をしていない人が多いようです。

スポンサードリンク

毛髪を抜いているような子供の仕草を親は見ても、上記の通りで自覚がまだ十分にないことが多いので、止めさせるために叱ったり怒ったりすることは避けましょう。
そのようなことをしても、根本的な原因である子供の精神的ストレスが減少するわけではありません。
大切なことは、あくまでも子供の立場で考えて、ストレスを無くせるようにすることです。

抜け毛と言っても、あくまでそれは自分自身で抜いている髪の毛です。
抜け毛の部分がそれ程ひどくなければ、抜く行為自体を止めると、髪の毛は再び自然と生え育ち回復していきます。
しかし、こういった癖から来ている場合、最優先で精神科医やカウンセラーから精神的なケアを受けたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク




さあ!始めよう貴女を素敵にダイエット



この記事のタグ

▲このページのトップへ