帽子やヘルメットが及ぼす悪影響

ファッションの一つである帽子、または人命を守るためのヘルメットですが、これらを長い間被ってしまうと抜け毛へと繋がっていきます。
このことには名前がつけられており、圧迫性脱毛症とよばれます。

スポンサードリンク

圧迫性脱毛症によって毛髪が抜けてしまう理由が2つあります。
一つ目は、被った帽子、ヘルメット内が蒸した状態になることです。
蒸れている状態は、細菌の繁殖に適当な環境となってしまいます。
細菌が繁殖すると、毛穴が塞がれてしまい、生えてこようとする毛髪を邪魔してしまうのです。
二つ目は、帽子、ヘルメットが、被った先の頭皮を圧迫してしまい、血行が悪くなることです。
血液によって髪の栄養が運ばれているので、それが行き届かなくなると、抜け毛が発生してしまいます。

スポンサードリンク

仕事に就く上で、帽子、ヘルメットが絶対に必要になる場合も勿論あります。
職業で言えば、運転手、土木や工事の現場作業、警察官などです。
これらの職業の方々は、実際薄毛の方が多いという話も事実です。
仕事柄、帽子を手放す訳にはいかないからと、諦めなければいけないということではありません。
なるべく帽子、ヘルメットを外しておく時間を増やす対策を考えるのです。

外出や仕事などを終え、帽子、ヘルメットを外した後には、シャンプーをすることや頭皮マッサージを必ず毎日するようにし、頭皮を清潔で良い状態に保ちましょう。
また、女性に多いのは、髪型をポニーテールにした際に長い間頭皮の同じ箇所を引いてしまうことです。
この場合、上記と同様な症状になる可能性があるので、注意が必要です。

スポンサードリンク




さあ!始めよう貴女を素敵にダイエット



この記事のタグ

▲このページのトップへ