喫煙とお酒が及ぼす悪影響

喫煙は、百害あって一利なしと言われるように、体にとって悪いものでしかありません。
それは毛髪にとっても同じで、当然悪影響を及ぼす存在と言えます。

スポンサードリンク

煙草のニコチンには、血管を収縮させる作用があります。
そうなると、当然頭皮の血行にも悪い影響があります。
頭皮に存在する毛根の部分には、毛髪を育てる生きた細胞があります。
見えている毛髪の部分は、すでに死んだ細胞なので影響はありませんが、喫煙によって、毛根への必要な栄養の供給が邪魔をされます。
すると、ヘアサイクルは狂い始めてしまい、正常に毛髪は育たずに抜け毛が増加するのです。

他に、お酒は毛髪に悪いと一概に言うことは出来ません。
適量のお酒を飲むなら、血行が促進されるので、髪の毛にどころか体全体の健康にも大変良いことです。

スポンサードリンク

お酒は適度に飲むことを心がけていれば、良い影響を受けることができます。
しかし、そんなお酒も飲み過ぎたということになると、たくさん飲んだせいで食事を十分に取らず、必要な栄養が足りていないという事態が起こります。
適量なら良いことづくしのお酒も、加減をつけないで飲み過ぎることはやはりいけません。
体調の悪化や病気に繋がることは当然ですが、抜け毛の問題にも関係してきます。
お酒の飲み過ぎで起きる症状の中で、最も多い一つである胃腸のトラブルにより、これによってまた適切な栄養を摂ることが出来ません。

お酒に関する対策として、一日のお酒の飲む量を決めることが出来ればよいですが、だからと言っても、毎日毎日連続してお酒を飲むこともいけません。
少なくても、週2日程は休肝日とした方が良いでしょう。

スポンサードリンク




さあ!始めよう貴女を素敵にダイエット



この記事のタグ

▲このページのトップへ