抜け毛には海草類?

わかめやひじきといった、いわゆる海草類をたくさん摂ると髪の毛が丈夫になり抜け毛も減るということが、常識の一つとしてとらえられています。

スポンサードリンク

海草類には、元気な毛髪を育てる成分とされるヨードが多く含まれていることは確かなので、勿論役立つことには間違いはありません。
しかし、髪の毛のほとんどはたんぱく質で構成されています。
従って、多量の海草類を食べることにより育毛効果があるということには、残念ながらほぼ当てはまりません。

ヨードを摂るのは良いことなのですが、もともと日本人にヨードが足りていないということはありません。
従って、抜け毛対策のためだからと言って海草類をたくさん食べると、ヨードの摂取過多となってしまいます。
また、海草類に多く含有されるビタミン、ミネラルなどは、髪質を良く育てるために必要とされているので、適量を摂取することにより、髪質を良好のまま維持することが出来るようになります。
結論としては上記の通りですがしかし、毛が生えることにではなく、より良い健康的な毛髪へと育てるためには大いに役立つというわけです。

スポンサードリンク

では、抜け毛対策として何を食べ、どのような栄養分を摂ればよいのでしょうか。
まずはたんぱく質です。
肉類、大豆類、卵類、魚類に多く含まれていて、ケラチンという髪の成分の元となります。
次にビタミンA、ビタミンEです。
玄米、かぼちゃ、ほうれん草、ニンジンに多く含まれていて、血行促進の効果があります。
次にビタミンBです。
レバー、マグロ、玄米に多く含まれていて、皮膚の代謝を活発にし促進します。
最後にコラーゲンです。
ひらめ、鯛、手羽先、豚足、長いもに多く含まれていて、美肌を作る効果だけではなく、髪にも色艶を与えます。

スポンサードリンク




さあ!始めよう貴女を素敵にダイエット



この記事のタグ

▲このページのトップへ