頭痛と認知症 [痴呆]

「頭痛(ずつう)」に悩む人は、その程度もさまざまですが、非常に多いのではないかと思います。

スポンサードリンク

慢性頭痛(まんせいずつう)の90パーセント近くを占めるのが、「血管性頭痛(けっかんせいずつう)」と「緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)」です。緊張性頭痛は、「筋収縮性頭痛(きんしゅうしゅくせいずつう)」とも呼ばれます。
●血管性頭痛
血管性頭痛というのは、血管が異常に拡張するために生じる痛みです。
この代表的なものが「片頭痛型血管性頭痛(へんずつうがたけっかんせいへんずつう)」です。片頭痛型以外の頭痛には、かぜや他の感染症のさいの頭痛、二日酔い、一酸化炭素中毒によるものなども含まれます。

スポンサードリンク

●緊張性頭痛
緊張性頭痛は、筋肉の収縮によってあらわれる頭の痛みをいいます。
頭蓋骨(ずがいこつ)についている筋肉が持続的に収縮して起こるものです。
片頭痛、緊張性頭痛、いずれも反復して起ります。

また頭痛にはその他に、脳腫瘍(のうしゅよう)や慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)など、頭蓋内圧が高くなって起こるものもあるので注意が必要です。
さらに脳卒中(のうそちゅう)に伴って生じる頭痛もあります。

頭痛のなかには、心配ないものもあることは確かですが、ご本人にとってたいへんな苦痛であることは確かです。また、慢性硬膜下血腫や脳腫瘍から二次的に認知症 [痴呆]症状が出ることもありますから、頭痛の症状がひどい時には一度、きちんとした検査を受けてみることが大切です。

▲このページのトップへ