認知症 [痴呆]の現在

厚生省の調査によると、認知症 [痴呆]を抱える高齢者の数は、日本国内で百万人程度に上ると言われます。

スポンサードリンク

そのうち自宅で生活している患者さんは、75万人です。その他の方々、25万人は老人病院、特別養護老人ホーム、精神病院などの施設で生活していらっしゃいます。
この調査結果からみてわかるように、認知症 [痴呆]の患者さんの多くは、ご家庭でご家族の看護や、在宅看護サービスを受けながら生活しているのです。
しかし、現在急速に加速しつつある高齢化の波にともない、2015年には、認知症 [痴呆]老人は、262万人に達すると予測され、在宅で生活する人は、180万人に上ると考えられています。

スポンサードリンク

現在、認知症 [痴呆]の原因は明確ではありません。またこれといった根本的な治療法もないのが現実です。一部、内科的治療や脳外科手術で治るものもありますが、アルツハイマー型認知症 [痴呆]の場合、その原因も解明されておらず、治癒は困難とされています。

日本の認知症 [痴呆]患者さんは、特に老人認知症 [痴呆]の場合、その約4分の3は、脳血管性認知症 [痴呆]とアルツハイマー型認知症 [痴呆]で、残りが一部の変性性疾患、感染症、内分泌代謝疾患、頭部外傷などによるものとされます。

このように認知症 [痴呆]をめぐる現状は、その原因の究明から治療法の確立まで、手探りの状態です。ご本人の苦痛もさることながら、在宅治療におけるご家族の負担を考えるとき、一刻も早い、治療開発が望まれます。

▲このページのトップへ