神経成長因子

認知症 [痴呆]に対する根本的な治療法はまだ確立されていません。ただし、ここ数年、脳の循環や代謝をよくする薬が多数開発されつつあり、多くの患者さんに利用されるようになっています。

スポンサードリンク

そしてそれなりの成果も認められつつあります。しかし、これらの薬の効果というのは、認知症 [痴呆]に伴うさまざまな症状、たとえば、せん妄や暴力などの周辺症状に対するものであり、知能低下という認知症 [痴呆]の中核症状を改善させるものではありません。
では、知能低下を治療する方法はあるのでしょうか?
残念ながら、「ない」というのが現状です。認知症 [痴呆]に伴う知能の低下を改善するためには、脳の神経細胞の再生を促進し、失われてしまった脳の機能をよみがえらせる必要があります。あるいは、神経と神経のあいだの情報伝達を活性化し、脳のはたらきをよみがえらせる薬が必要なのです。

スポンサードリンク

神経細胞が分裂や増殖を行うために必要な因子を神経成長因子と言います。
最近の研究から、これらの因子の認知症 [痴呆]に対する治療の有効性が注目されています。脳の細胞は本来増殖しないといわれています。つまり、一度死んでしまった細胞は、もう二度と再生できないのです。
それでも、ダメージは受けてはいるもののまだ死に至ってはいない「瀕死の細胞」をなんとか回復させるのに、神経成長因子が有効なのではないかと考えられるのです神経成長因子。現在はまだ、動物実験の段階ですが、ラットの研究から、記憶力の低下したラットにおいて、記憶力・学習能力が改善したという報告もあり、期待されています。

▲このページのトップへ