老年認知症 [痴呆]

「認知症 [痴呆](にんちしょう [ちほう])」の症状(知能の働きが低下し、物忘れがひどくなったり、記憶力が悪くなる)症状が、40~60歳の初老期にあらわれる場合を「初老期認知症 [痴呆](しょろうきにんちしょう [ちほう]))」と言い、65~70歳の老年期にあらわれた場合を「老年認知症 [痴呆](ろうねんにんちしょう [ちほう]))といいます。

スポンサードリンク

●「老年認知症 [痴呆]
「老年認知症 [痴呆]とは、脳の病的な老化によって記憶障害、判断力・思考力の低下、さらには人格の変化など、さまざまな精神症状を起こす状態です。「老人ボケ」といった言い方がされることがよくありますが、あまり好ましい呼び方ではないでしょう。アルツハイマー型認知症 [痴呆]とも呼ばれます。

スポンサードリンク

現在、日本では65歳以上の老人の4.8パーセントが「ぼけ老人」、すなわち「認知症 [痴呆]を抱えていると言われます。そしてそのうちの4分の1程度がアルツハイマー型認知症 [痴呆]で占められています。
日本では一番多いのは、脳血管性認知症 [痴呆](のうけっかんせい(にんちしょう [ちほう])です。ただし欧米では、アルツハイマー型認知症 [痴呆]が多く、日本でもその傾向がみられるようになりつつあります。
30年後には、3倍に急増するという推定もあります。ご家庭での看護の問題も含め、病院や専用施設の整備が急がれています。

「老年認知症 [痴呆]の原因は、はっきりしていませんが、脳卒中(のうそっちゅう)などの脳血管障害に起るものとは違っていることは確かです。
CTスキャン(コンピュータ断層撮影)によると、大脳の委縮(いしゅく)が確認されていることから、脳の変化が何らかの影響を与えていることが予想されます。

▲このページのトップへ