依存症とは、「ある行為をやめようとしてやめられないくらいのめり込んでいる」状態です。

スポンサードリンク

依存症とは

依存症とは、「ある行為をやめようとしてやめられないくらいのめり込んでいる」状態です。
人は、自分のその人に対する依存を十分に受け入れてもらうとその人を信用します。
人と人がお互い信用し合う事により、人間関係は作られていきます。
しかし、この依存が受け入れられないと、次第にものに依存するようになっていきます。
はじめのうちは、ただ好きだからという軽い気持ちでも、どんどんその対象となったものにのめり込んでしまい、自分にコントロールが効かなくなってしまいます。
そのものがないと生きていけない状態になっていってしまうのです。
そして日常生活に支障をきたすようになります。
依存症は、人間関係をうまく作っていく事ができない人に多いと言われています。
依存症には、「アルコール依存症」や「薬物依存症」「ギャンブル依存症」「インターネット依存症」「買い物依存症」などのほかにもたくさん挙げられます。

依存症の症状には、「精神依存」と「身体依存」があります。
精神依存は、そのものが欲しくて我慢できなくなる状態をいいます。
生活の中でそのものの割合がほとんどを占め、自分のコントロールができなくなってその行為をするために手段を選ばないほどになっていきます。
身体依存は、その行為にのめり込んでしまったために、その行為をやめる事で身体に影響が出てきます。
けいれんや不眠、イライラするなどのこれらの症状を離脱症状といいます。
禁断症状とも呼ばれています。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

依存症の治療:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://3000kuma.chicappa.jp/izonnshou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。