沖縄県で有名な「泡盛」も焼酎です。 泡盛は、中国からシャム(現在のタイ)を経由して琉球王国(現在の沖縄県)に伝来されたと言われています。 琉球王朝時代には、泡盛は貴族の飲み物として製造や飲酒には厳しい制限がありました。 明治時代に沖縄県になった時に、民間でも泡盛が作られるようになったそうです。

スポンサードリンク

沖縄県で有名な「泡盛」も焼酎です。

----------------------------------------------------------------------------------
泡盛について
----------------------------------------------------------------------------------

沖縄県で有名な「泡盛」も焼酎です。
泡盛は、中国からシャム(現在のタイ)を経由して琉球王国(現在の沖縄県)に伝来されたと言われています。
琉球王朝時代には、泡盛は貴族の飲み物として製造や飲酒には厳しい制限がありました。
明治時代に沖縄県になった時に、民間でも泡盛が作られるようになったそうです。

泡盛の名前には、複数の由来があります。
お酒を注ぐ際に泡立つ事から名前がついたという説、原料に粟を使用していたために「あわもり」と呼ばれていた説、梵語でお酒の事を「あわむり」と呼んでいたのが変化したという説などが挙げられます。

泡盛は、沖縄県の暖かい気候によく合う黒麹を使用しています。
一般には焼酎には白麹を使いますが、気温の高い沖縄県では白麹は腐りやすいため、雑菌が混ざりにくい黒麹が使われるようになりました。
また、泡盛の原料は米ですが、国産のお米ではなくタイ米を使用します。
もともとタイから伝わったお酒なのが理由の一つですが、タイ米の独特の香りとパラパラした質感が泡盛のまろやかな香りや味わいを出しているといえます。

泡盛は保存日数や温度による味の衰えがなく、3年以上熟成させたものを「古酒(クース)」と言います。
古酒は深いコクとまろやかな風味が豊かなお酒です。
また泡盛には、古いお酒に新しいお酒を少しずつ注ぎ足して熟成を促す「仕次ぎ」という方法があります。
仕次ぎをした泡盛の総量の50%が3年以上寝かせた泡盛であれば、これも古酒と言います。


▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

泡盛で乾杯 !:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://3000kuma.chicappa.jp/awamori/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。